診療のご案内

一般内科・消化器科

風邪・腹痛・高血圧・狭心症・糖尿病など病気にはいろいろありますが、なんとなく身体の調子が気になる時、病院へ行きたいけど何科の病院に行けばいいのか分からない時はどうぞお気軽にご相談ください。

最近、ストレスなどからくる病気も増えています。異常に気づいたら、早い時期での検査・治療をおすすめします。胃内視鏡・大腸内視鏡・腹部超音波・レントゲンなどの設備を整えるとともに、心電図、肺機能検査、聴力検査等はもとより、CTスキャン、MRI、RIシンチグラフィーなどの特種検査も提携病院によりすみやかに施行することができます。
お気軽に御相談ください。
レントゲン装置いわゆる胸部・腹部などの単純撮影のほかに、胃のレントゲン検査、注腸造影検査も行っております。

検診用の消化管造影検査と異なり、各施設でトレーニングを受けてきたドクターが精密検査用の造影を行いますので、より細かい病変を写し出します。撮影時間は、いずれも約15〜20分です。

大腸内視検査は、痛くて辛いものと勘違いしていませんか?

お腹にゆ着のある方や腸に炎症のある方の場合を除けば、痛みによる苦痛はほとんどありません。

当院では、少しでも患者さんの負担を軽減させるために細くて柔らかいカメラを使用すると共に、各施設で挿入技術を習熟し、約10,000例の症例経験から習熟した病変の発見力と診断力をもって、より確実な検査を心掛けております。
挿入時間は、約5分〜10分で、その後、患者さんに説明をしながら詳細な観察をしていきます。
(丁寧な観察・処置を行っていきますので、トータルの時間は30分〜40分かかる事があります。)
癒着のひどい方・どうしても恐い方は、希望により鎮静剤を使用し、寝ている間に検査をし、その後写真を見ながら説明することもできます。

食生活の欧米化にともない、近年、大腸癌の発生率が増加しています。

早期癌の場合、大多数が無症状で、便潜血(--)の場合が多いことを御存じですか?つまり、症状が出てからでは遅いのです!
早期癌は開腹することなく内視鏡で切除できますが、早期癌の発見、内視鏡手術ともに専門的な目と経験を必要とするものです。

当院では、早期癌や前癌病変の内視鏡手術を日帰りで行っております。お気軽に御相談ください。

胃カメラも苦しい?

経験上、大腸のカメラよりのどを通過する時は辛いかも知れません。

当院では、直径約8mmの最新式の細いカメラを使用することで負担を軽減し、患者さんと一緒に画面をみながら検査をしています。

但し、希望の方には、鎮静剤により寝ている間に検査を終わらせることも可能です。もちろん、検査の後で、写真を見ていただきながら説明をします。

血圧脈波検査(動脈硬化の検査)

人は血管で年をとると言われています。つまり、血管年齢を若く保つことができれば、健康で長生きできるということに他なりません。生活習慣病の治療も、血管年齢を若く保つための、すなわち動脈硬化を進めないための治療といえます。ただし、多くの方がご存じの通り、動脈硬化には症状はほとんどなく、症状が出たときには命に関わったり、大きな後遺症を残す事になります。
当院では、外来で簡単かつ正確に血管年齢を測定することができる血圧脈波検査を導入しています。血圧脈波検査は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの治療ガイドラインにも掲載されており、10分~15分で測定結果が確認できますので、症状の少ない生活習慣病の治療効果判定に使えるとともに、自分の血管年齢が若返っていくことを実感しながら、目標を持って治療を継続していただくのに役立ちます。

一般検診

生活習慣のかたよりを少し修正するだけで、将来おこりうる多くの生活習慣病を予防できます。自分の健康について心配されている方、是非ご利用ください。

予防接種のご案内

ワクチンのご予約が事前に必要です。ご予約は3日前までにご連絡ください。

予防接種実施日

受付時間
7:30〜12:00
8:30〜18:00

ワクチンの種類

公費
・BCG
・三種混合(DPT)
・二種混合(DT)
・麻しん 風しん混合
・日本脳炎
自費
・おたふく
・水痘
・インフルエンザ
・A型肝炎
・B型肝炎
・破傷風
公費自費
※各自治体、市町村により助成対象となる場合があります。(各市町村にご確認お願い致します)
・ヒブワクチン
・プレベナー(小児肺炎球菌)
・ガーダシル(子宮頸がん)
・サーバリックス(子宮頸がん)
・ニューモバックス(肺炎球菌65才以上)

QRを携帯で読み込むと携帯からひらの内科の情報を取得できます。